産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
産直情報

産直ニュースヘッドライン 2021/02/10

OWL、「プロの料理家のおいしいレシピが集まるNadia」とのコラボレシピを公開 – WorkMaster(ワークマスター)

レッドホースコーポレーションが手掛ける農畜水産物の産直サービス「OWL(アウル)」は、OCEAN’S…
https://www.work-master.net/2021211272
2021/02/10 18:32

世界の名車 岡山県内駆ける ベッキオバンビーノ始まる:山陽新聞デジタル|さんデジ
産直ニュースヘッドライン 2020/11/14世界の名車 岡山県内駆ける ベッキオバンビーノ始まる:山陽新聞デジタル|さんデジ 岡山県内をクラシックカーやスーパーカーなどが巡るイ...

オイシックス・ラ・大地 エー・ピーホールディングスとの資本業務提携及び、水産品卸のセブンワーク子会社化へ:時事ドットコム

オイシックス・ラ・大地 エー・ピーホールディングスとの資本業務提携及び、水産品卸のセブンワーク子会社化へ:時事ドットコム
[オイシックス・ラ・大地株式会社]水産物カテゴリの品揃えや価値提案型商品を強化 安心・安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下 当社)は本年2月10日、株式会社エー・ピーホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:米山久、以下APHD社)と資本業務提携を締結しました。また、3月31日付にて、APHD社傘下であった株式会社セブンワーク(本社:東京都港区、代表取締役:長野 …
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000490.000008895&g=prt
2021/02/10 18:46

年中フルーツが採れるフルーツのまち和歌山県紀の川市で、旬のフルーツや野菜をお得に味わえる「紀の川フルーツスタンプラリー」開催!:時事ドットコム

年中フルーツが採れるフルーツのまち和歌山県紀の川市で、旬のフルーツや野菜をお得に味わえる「紀の川フルーツスタンプラリー」開催!:時事ドットコム
[あたらしいツーリズム広報事務局]旬を味わい、アプリでスタンプゲット!特典クーポンで、お得に、おいしく、紀の川市の旬巡りをお楽しみください。実証実験中の「電動シェアサイクル」も併せてご利用ください。紀の川市には、旬のフルーツやとれたて野菜が立ち並ぶ関西最大級の直売所「めっけもん広場」をはじめ、いちご狩り園やフルーツや野菜を楽しめる飲食店がたくさん!それらの魅力的な20カ所をめぐる「紀の川フルーツスタンプラリー」を開催。猫の駅長で有名な貴志駅他、市内4カ所に設置中の「電動シェアサイクル」も併せて、…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000042.000068223&g=prt
2021/02/10 12:46

産直ニュースヘッドライン 2020/10/20「甲子柿」目揃え会 釜石市の特産品 今年の出来は?<岩手県> 岩手県釜石市の特産品・甲子柿が出荷の時期を迎え、2020年の出来を確か...

徳島県直送の新鮮な阿波野菜がならぶ「産直マルシェ」が渋谷にオープン! – STRAIGHT PRESS[ストレートプレス]

2月11日(木・祝)、渋谷神泉にある徳島県の魅力体験型アンテナショップ「TurnTable(ターンテーブル)」1階に、新鮮な阿波野菜を中心とした「産直マルシェ」がリニューアルオープン! 徳島県産食材がならぶ産直マルシェ …
https://straightpress.jp/20210210/480388
2021/02/10 12:30

コンセプトは「第二の家庭料理」 旬の食材を使った弁当や総菜がずらり 喜多野安心市(徳島市)|徳島の話題|startt|徳島新聞

四国三郎橋から北へ約1.7kmのところにある産直市「喜多野…
https://www.topics.or.jp/articles/-/483606
2021/02/10 11:10

旅気分をイオンで ご当地産品集合 - 食品新聞社
産直ニュースヘッドライン 2020/09/25旅気分をイオンで ご当地産品集合 - 食品新聞社 イオンリテールはシルバーウイークにあわせ、過去最大規模の産直売場を展開、消費者およ...

イノシシ肉で「山くじらカレー」 獣害対策で町おこし 島根・美郷 – 毎日新聞

 イノシシ肉を「おおち山くじら」のブランドで資源活用する島根県美郷町は、町産のイノシシ肉を使ったレトルトカレーを県立大と共同開発し、「しまね三昧おおち山くじらキーマカレー」として商品化した。春と秋の2種類があり、その季節にイノシシが好む食材を一緒に煮込んで、「イノシシとうまく共存する町」を表現したと
https://mainichi.jp/articles/20210210/k00/00m/040/017000c
2021/02/10 10:07

コロナ禍でニーズ急増の産直EC。「食べチョク」が進める生産者・消費者の課題を解決する物流構想とは?【責任者インタビュー】 | ネットショップ担当者フォーラム

【ネッ担】産直EC「食べチョク」の「食べチョク物流構想」とは? リリース済みのヤマト運輸やOKIPPAとの連携を始めとし、今後もさまざまな展開を検討しているという。責任者が全容を語る
https://netshop.impress.co.jp/node/8358
2021/02/10 09:00

春秋感じる「山くじら」カレー 美郷町と県立大共同開発 来月1日から、産直市などで2種販売 /島根 – 毎日新聞

 イノシシ肉を「おおち山くじら」のブランドで資源活用する美郷町は、町産のイノシシ肉を使ったレトルトカレーを県立大と共同開発し、「しまね三昧おおち山くじらキーマカレー」として商品化した。春と秋の2種類があり、その季節にイノシシが好む食材を一緒に煮込んで、「イノシシとうまく共存する町」を表現したという。
https://mainichi.jp/articles/20210210/ddl/k32/040/382000c
2021/02/10 07:23