産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/12/24

食育ニュースヘッドライン 2020/10/31年間42億個の卵を消費するキユーピーの「卵の殻」の意外な有効活用、とその覚悟 | ニコニコニュース 資源の100%有効活用で「捨てな...

「農業男子」総選挙1位は元日本代表アメフト二刀流 – 社会 : 日刊スポーツ

JA東京中央会は24日、都内JA代表候補者14人が集った「農業男子×総選挙」の投票結果を発表し、岡田啓太さん(32=JA東京むさし)の1位が決まった。2位は金… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202012240000454.html
2020/12/24 19:01

食育ニュースヘッドライン 2020/10/31年間42億個の卵を消費するキユーピーの「卵の殻」の意外な有効活用、とその覚悟 | ニコニコニュース 資源の100%有効活用で「捨てな...

「農業男子」総選挙1位は元日本代表アメフト二刀流 – 社会 : 日刊スポーツ

JA東京中央会は24日、都内JA代表候補者14人が集った「農業男子×総選挙」の投票結果を発表し、岡田啓太さん(32=JA東京むさし)の1位が決まった。2位は金… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202012240000454.html
2020/12/24 19:00

ツーリズムEXPOジャパン特別企画「トラベルフェスタ」ニューノーマル時代のバラエティ豊かな旅のカタチが集結!~トラベルフェスタの楽しみ方&注目のブースを初公開~ | ツーリズムEXPOジャパン

ツーリズムEXPOジャパン特別企画「トラベルフェスタ」ニューノーマル時代のバラエティ豊かな旅のカタチが集結!~トラベルフェスタの楽しみ方&注目のブースを初公開~   | ツーリズムEXPOジャパン
ツーリズムEXPOジャパン特別企画「トラベルフェスタ」ニューノーマル時代のバラエティ豊かな旅のカタチが集結!~トラベルフェスタの楽しみ方&注目のブースを初公開~ 特別企画として約2年4か月ぶりに東京に帰ってくる!2021年1月8日(金)・9日(土)開催
https://digitalpr.jp/r/44207
2020/12/24 14:00

おうちで手作りが楽しめる「うどんキット」、粉から打つタイプ、麺生地が届く時間短縮タイプも:MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に
食育ニュースヘッドライン 2020/11/15おうちで手作りが楽しめる「うどんキット」、粉から打つタイプ、麺生地が届く時間短縮タイプも:MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっ...

体の内側から綺麗になる「インナービューティ」を提唱する「株式会社プロラボホールデ ィングス」会長・佐々木広行氏が「テンカイズα」に登場 | ガジェット通信 GetNews

体の内側から綺麗になる「インナービューティ」を提唱する「株式会社プロラボホールデ ィングス」会長・佐々木広行氏が「テンカイズα」に登場 | ガジェット通信 GetNews
体の内側から綺麗になる「インナービューティ」を提唱する「株式会社プロラボホールデ ィングス」会長・佐々木広行氏が「テンカイズα」に登場
https://getnews.jp/archives/2871730
2020/12/24 08:00

いわき産野菜の魅力発信 カレーアンバサダーに県外女性3人任命:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

 いわき市は、家庭でのカレー作りを通じて市産農産物の安全性や魅力を発信してもらう「おうちdeいわきカレー」アンバサダーに、県外の女性3人を任命した。  就任したのは、東京都の家庭科非常勤講師の須賀ひか…
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20201224-570458.php
2020/12/24 08:32

食育ニュースヘッドライン 2019/12/24育てた米で餅できた 佐賀市久保田町横江地区 |まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 佐賀市久保田町横江地区で22日、園児や...

人言ながさき:食文化の由来知る正月 長崎女子短大講師・古賀克彦さん(48) /長崎 – 毎日新聞

 <人言(ひとこと)ながさき>  今年もあと1週間。これからの楽しみは何といっても、おせちや雑煮などの正月料理だ。長崎市の八百屋や鮮魚店には見慣れない食材が並び始めた。ひょっとして長崎伝統の味があるのでは――。コロナ禍で大人数での忘年会や新年会はできなくなったが、ならば年の瀬は丁寧に正月料理を作って
https://mainichi.jp/articles/20201224/ddl/k42/040/360000c
2020/12/24 07:23