産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
産直情報

産直ニュースヘッドライン 2020/11/10

ワンランク上の熊本料理を味わうチャンス! 老舗料亭「なだ万」のフェアは味もパッションも最高だ | GetNavi web ゲットナビ

ワンランク上の熊本料理を味わうチャンス! 老舗料亭「なだ万」のフェアは味もパッションも最高だ | GetNavi web ゲットナビ
Go To Eatキャンペーンが始まり、外食を楽しむ動きも出始めてきました。この機に、贅沢なディナーへ行ったり、Go To Travelキャンペーンの旅先で奮発している人も少なくないでしょう。今回はそういった方々に耳寄りな情報。老舗料亭「なだ万」が、内容もパッションも激アツなフェアを開催しているので…
https://getnavi.jp/cuisine/545816/
2020/11/10 19:00

産直ニュースヘッドライン 2019/10/27産直販売額、過去最高117億円 18年県内、1億円超の施設が増加  県内の産地直売所における2018年の販売額が、過去最高の117億...

渋柿分けてもらい3千個 みなべ町社福協が干し柿作り(紀伊民報) – Yahoo!ニュース

渋柿分けてもらい3千個 みなべ町社福協が干し柿作り(紀伊民報) - Yahoo!ニュース
 みなべ町社会福祉協議会(和歌山県)の福祉農園メンバーが、干し柿作りをしている。地域の人の善意で、利用しない渋柿を収穫させてもらっており、できた干し柿は産直店で販売する。  今年で4年目。家に柿の
https://news.yahoo.co.jp/articles/5103fdd1cceb24c22422c6f1540363c93a71d711
2020/11/10 17:08

渋柿分けてもらい3千個  みなべ町社福協が干し柿作り:紀伊民報AGARA

渋柿分けてもらい3千個  みなべ町社福協が干し柿作り:紀伊民報AGARA
みなべ町社会福祉協議会(和歌山県)の福祉農園メンバーが、干し柿作りをしている。地域の人の善意で、利用しない渋柿を収穫させてもらっており、できた干し柿は産直店で販売する。 今年で4年目。家に柿の木はある…
https://www.agara.co.jp/article/90521
2020/11/10 14:30

産直ニュースヘッドライン 2020/04/05九戸村長選7日告示 現新2氏の争い濃厚 – デーリー東北デジタル 任期満了に伴う九戸村長選は7日、告示される。3選を目指す現職の五枚...

溜池に”蕎麦前”が楽しめる「手打ち蕎麦 溜池」オープン | IGNITE(イグナイト)

溜池に
日本の食文化に貢献した地・溜池に、こだわりの手打ちそば「手打ち蕎麦 溜池」が11月10日にオープン。 丸抜きの蕎麦の実を石臼で製粉し、絶妙なバランスで仕上げた外一(そといち)の蕎麦。野趣に富んだ風味と喉越しのバランスが楽しめる。 ■日本の食文化の発展に貢献した歴史ある土地”溜池”
https://ignite.jp/2020/11/226230/
2020/11/10 13:00

ピープル:産直サイト「未来ギフト」を開設 宮丸佳奈子さん /佐賀 – 毎日新聞

唐津の付加価値をセット 宮丸佳奈子さん(43)=唐津市  玄界灘のシラスをミシュランガイドに載る鮨(すし)店が塩からにした試作商品に、打ち合わせに訪れたホームページ編集の女性コンサルタント(48)が「うーん、おいしい。料理で塩の代わりに使えば味が広がる」と目を細めた。唐津市の産品に職人の技やサービス
https://mainichi.jp/articles/20201110/ddl/k41/070/380000c
2020/11/10 07:52

「おうち塚田農場」は自慢の地鶏や料理で、“我慢の夏休み”を応援します!:時事ドットコム
産直ニュースヘッドライン 2020/08/08「おうち塚田農場」は自慢の地鶏や料理で、“我慢の夏休み”を応援します!:時事ドットコム [株式会社エー・ピーカンパニー]直接会えない...

ぐるっと東日本・食べる・つながる:産直・この逸品 茨城から 低温長時間焼成で /東京 – 毎日新聞

 桜川市のプリン専門店「つくばぷりん ふじ屋」では、地元産の食材を使った「ゴールドプリン」を販売している。  卵は地元のひたち農園の奥久慈卵を選び、牛乳は筑波山麓(さんろく)の濃厚な牛乳にこだわった。プリンが固まるぎりぎりまで時間をかけて湯煎する「低温長時間焼成」を独自に開発し、一つずつ手作りにこだ
https://mainichi.jp/articles/20201110/ddl/k13/100/022000c
2020/11/10 02:01

季節の花、色鮮やかに 仙台・秋保でフラワーフェスタ | 河北新報オンラインニュース

ビオラやミニシクラメンなど季節の花を販売し、絵画のような押し花アートを展示する「あきうフラワーフェスタ」が仙台市太白区の秋保・里センターで開かれている。入場無料。8日まで。 例年春の開催だが、今年は新
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202011/20201108_13026.html
2020/11/09 21:53