産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/11/02

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が群馬県明和町で提供を開始!:時事ドットコム

[株式会社エムティーアイ]~アプリの導入で、まちの温かな子育てサポートがさらに身近に~ (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が群馬県邑楽郡明和町にて本導入され、『子育てアプリKotom🍏︎』として11月2日(月)より提供を開始します。 群馬県の東南端に位置する明和町は、温暖な気候と南に利根川、北に谷田川が流れる豊かな水を生かした梨や桃、ぶどうなどの栽培が盛んで、春には桜、秋にはシクラメンが咲き誇る自然が美しいまちです。 同町では、「親と子が 共に喜び 共に育ち 輝き続ける…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000807.000002943&g=prt
2020/11/02 15:18

「かわいすぎる」「これはいい!」 『食育』にもなる特別な和菓子とは(2020年11月9日)|BIGLOBEニュース
食育ニュースヘッドライン 2020/11/09「かわいすぎる」「これはいい!」 『食育』にもなる特別な和菓子とは(2020年11月9日)|BIGLOBEニュース 11月8日は語呂...

運動を すればするほど 腹が減る 吉備中央で食育テーマの作品展:山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県吉備中央町栄養改善協議会が町内の小中学生を対象に、夏休みの宿題として食育をテーマに募ったポス…
https://www.sanyonews.jp/article/1066993?rct=syuyo
2020/11/02 14:13

帝国ホテル、東京料理長による親子食育料理教室の予約受付開始 – スペシャルランチコースも | マイナビニュース

帝国ホテル、東京料理長による親子食育料理教室の予約受付開始 – スペシャルランチコースも | マイナビニュース
帝国ホテルは11月5日より、12月に開催する開業130周年記念企画『帝国ホテル 東京 杉本料理長と学ぶ味覚体験』の予約受付を開始する。
https://news.mynavi.jp/article/20201102-1448536/
2020/11/02 13:27

食育ニュースヘッドライン 2020/04/18クックパッドニュース:[牛乳・乳製品・小魚だけじゃない]カルシウムが豊富な食材を使ったレシピ - 毎日新聞 牛乳・乳製品・小魚だけじ...

ニッポン消費者新聞2020年11月1日号

【主な見出し】ウォッチねっと、消費者庁は18点と評価/国民生活センター50周年記念シンポジウム/託送料上乗せ問題で経産省を提訴、グリーンコープでんき/カンゾコーワ表示めぐり興和が回答/高齢者の転倒事故、自宅の「生活動線」点検を/防水スプレー吸入事故
https://www.jc-press.com/?p=5796
2020/11/02 12:19

2年連続”給食甲子園”決勝へ 身近な特産ふんだんに 「理科的」と評価も | 丹波新聞

2年連続
「第15回全国学校給食甲子園」(21世紀構想研究会主催)の第4次審査の結果がこのほど発表され、兵庫県丹波篠山市の篠山東部学校給食センターが全国12代表の一つに入り、同市から2年連続で決勝大会出場を決めた。今年も全国から応募のあった献立141
https://tanba.jp/2020/11/2%E5%B9%B4%E9%80%A3%E7%B6%9A%E7%B5%A6%E9%A3%9F%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92%E6%B1%BA%E5%8B%9D%E3%81%B8%E3%80%80%E8%BA%AB%E8%BF%91%E3%81%AA%E7%89%B9%E7%94%A3%E3%81%B5%E3%82%93%E3%81%A0/
2020/11/02 11:00

食育ニュースヘッドライン 2019/11/14“いい夫婦の日”に新潟の花を贈ろう!新潟市で花の展示会開催 | ガジェット通信 GetNews “いい夫婦の日”に新潟の花を贈ろう!...

秋の褒章 鳥取関係7人

 内閣府は3日発令の秋の褒章受章者を発表した。鳥取県関係では、小学校や保育園での食育活動や講習会を通し地域に健康づくりの輪を広げた岩美町岩井の食生活改善推進員、山田恭子さん(83)(11月2日3面参照 …
https://www.47news.jp/5448172.html
2020/11/02 09:47

フードロス問題、食の循環…共感の輪から生まれた新たなコミュニティ(FRaU編集部) | FRaU

フードロス問題、食の循環…共感の輪から生まれた新たなコミュニティ(FRaU編集部) | FRaU
日本人の私たちが持続可能な社会のためにできることとは何だろう。今回は料理人の野村友里さんと畑へ向かった。長年食に関わる活動をおこなってきた彼女は、自然とフードロスの問題や食の循環も考えるようになった。そんな彼女が行き着いた結論に迫る。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75784
2020/11/02 06:01