産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
産直情報

産直ニュースヘッドライン 2020/10/20

「甲子柿」目揃え会 釜石市の特産品 今年の出来は?<岩手県>

岩手県釜石市の特産品・甲子柿が出荷の時期を迎え、2020年の出来を確かめる目揃え会が開かれた。甲子柿は渋柿を煙で1週間ほど燻し、渋みを抜く釜石市の特産品。トマトのように真っ赤な実は、独特の甘さとゼリーのような食感が特長。10月19日は、甲子柿をつくっている農家が集まり、色や大きさなどの出来栄えを確認した。2020年は、ひょうや猛暑の影響で柿の収穫量が減ったが、味は例年通りに仕上がったという。生産者は…「毎年、皆さんに珍しいとか、びっくりしてもらったりとか、おいしいと言ってもらったりするのが一番…
https://www.fnn.jp/articles/-/97755
2020/10/20 20:05

産直ニュースヘッドライン 2020/04/26感染拡大回避へ 太陽市では入場制限【愛媛・松山市】(テレビ愛媛) - Yahoo!ニュース 新型コロナウイルスの感染拡大防止に取り組...

陳列の野菜、捨てず食材に 津の産直ショップ「わくわく広場」:中日新聞Web

地元の農産物を販売するイオンタウン津城山(津市久居小野辺町)内の産直ショップ「わくわく広場」が、取引先の農家と食品加工業者をつないで廃…
https://www.chunichi.co.jp/article/140115
2020/10/20 12:14

支局長からの手紙:駅前再開発への疑問 /福井 – 毎日新聞

 2度目となる今回の福井支局への異動で、私は先月30日朝、JR福井駅へ到着しました。まずは懐かしい駅前を見て歩くことに。北陸銀行前の交差点を渡ると、以前に若い支局員とよく行ったカラオケボックスが歩道へソファを運び出しています。店を畳むらしく、「コロナ禍の影響なのかな? 熱唱合戦をして、また支局を盛り
https://mainichi.jp/articles/20201020/ddl/k18/070/223000c
2020/10/20 06:51

産直ニュースヘッドライン 2020/02/18となりのファーマー:/47 安井彦文さん(奈良県田原本町) 自然を友に「健康」耕す - 毎日新聞  霜が降りると野菜は甘みを増す――...

日本農業新聞 – “楽器の街”から小松菜デビュー ピアノ曲を聴かせ「音響栽培」 主婦層対象に販促へ 静岡県浜松市

日本農業新聞 - “楽器の街”から小松菜デビュー ピアノ曲を聴かせ「音響栽培」 主婦層対象に販促へ 静岡県浜松市
日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。
https://www.agrinews.co.jp/p52181.html
2020/10/20 07:05

ようやく…上伊那にマツタケの季節 | 信濃毎日新聞[信毎web]

8月以降の雨不足などで不作となっているマツタケが、台風14号による大雨を境にようやく上伊那地域の店頭で並び始めた。伊那市ますみケ丘の農産物直売所「産直市場グリーンファーム」は13日、秋の味覚を待ちわび…
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20201014/KT201013GYI090001000.php
2020/10/20 03:41