産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/05/05

自主制作映画 ユーチューブで一般公開|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

中山間地域振興や食育に取り組む市民団体「げんきな大地SAGA」(佐賀市)は、自主制作映画「てっぺん物語2」(2018年)を動画投稿サイト「ユーチューブ」で一般公開した。農業や食育をテーマに描いた作品で、外出自粛が呼び掛けられる中、自宅で過ごす人々に楽しんでもらう。 作品は「てっぺん物語」(16年)に続くシリーズ第2弾。地域の農業者らが出演し、撮影や編集は佐賀大で映像制作を学ぶ学生が協力した。耕作放棄地の増加などで荒廃する中山間地や農家の現状を伝えると同時に、問題の解決法を提案する。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/519769
2020/05/05 22:04

食育ニュースヘッドライン 2020/04/22美里町長選/美里町議補選 告示 町長選、現新3氏届け出 /埼玉 - 毎日新聞  任期満了に伴う美里町長選と町議補選(改選数1)が21...

クックパッドニュース:ママ&パパの喜びの声多数!苦手野菜を子どもがおいしく食べられるレシピ – 毎日新聞

子どもは「野菜」が苦手? 小さいうちは、野菜の苦味や酸味がストレートに感じて苦手意識をもってしまうことが多くあります。無理強いして食べさせる必要はありませんが、食べないからといって食卓に出さなくなってしまうのはNG。子どものうちから少しずつ食べて記憶することで、大きくなってから
https://mainichi.jp/articles/20200505/ckp/00m/100/004000c
2020/05/05 13:00

研修施設併設保育園、守山に開園 潜在保育士復帰狙う /滋賀 – 毎日新聞

 子育て世代の移住が続く守山市で4月、保育士資格を持ちながら保育の仕事に就いていない「潜在保育士」のリカレント教育(学び直し)や、子育て支援員養成の研修施設を併設した「滋賀短大付属すみれ保育園」(三宅町)が開園した。人材育成機能を持つ保育園は県内初で、人口増が続く湖南地域の保育士不足解消へ、期待が高
https://mainichi.jp/articles/20200505/ddl/k25/100/233000c
2020/05/05 15:02

食育ニュースヘッドライン 2020/06/15ファクトリエ「コットンプロジェクト2020-2021」が児童福祉施設「プラバスクール Kinder・Junior」で採用:時事ドットコム...

初夏のファミリーフィッシング オススメ3釣法&釣り場選びのコツ4選 | TSURINEWS


何世代もの家族や親族が一緒に楽しめるのがファミリーフィッシングだ。今回は初夏にオススメの3つの釣りと、釣り場を選ぶ上での考慮したいコツについて紹介しよう。
https://tsurinews.jp/106130/
2020/05/05 11:32

体験も”お取り寄せ”で 「本物の化石入ってます」 子ども博物館が工作キットを通販/兵庫・丹波篠山市(丹波新聞) – Yahoo!ニュース


兵庫県丹波篠山市にあり、例年ゴールデンウィーク中は1日約800人が来場するものの、今年は新型コロナウイルスの影響で休館中の子ども博物館「篠山チルドレンズミュージアム」が、外出自粛中の子どもたちに自宅
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00010000-tanba-l28
2020/05/05 08:13

食育ニュースヘッドライン 2020/06/24全国22万人の小中学生が、夕食を独りで食べている | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 最新記...

<ステイホーム>運動、読書、食育…番組で家庭での過ごし方をアドバイス 伊万里市、休校対応で学習番組 ケーブルテレビも協力|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

伊万里市教育委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小中学校の休校対策として、家庭での過ごし方をアドバイスする番組を制作し、地元のケーブルテレビや市のホームページで発信している。学習の進め方や規則正しい生活の送り方について現場の教師らが話し、休校の長期化で不安が募る子どもたちを応援する。 「伊万里版教育テレビ『いまりっ子』応援プログラム」と名付けた企画は、市内のケーブルテレビ2社の無償協力を得て実現した。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/519422
2020/05/04 21:02

〈ステイホーム〉休校対応の学習番組制作 伊万里市、ケーブルテレビ協力 食育など|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

伊万里市教育委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小中学校の休校対策として、家庭での過ごし方をアドバイスする番組を制作し、地元のケーブルテレビや市のホームページで発信している。学習の進め方や規則正しい生活の送り方について現場の教師らが話し、休校の長期化で不安が募る子どもたちを応援する。 「伊万里版教育テレビ『いまりっ子』応援プログラム」と名付けた企画は、市内のケーブルテレビ2社の無償協力を得て実現した。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/519422
2020/05/04 21:00