産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/04/20

“おうち時間”楽しく過ごせる応援サイトが続々公開、食品・飲料メーカーは食育や運動方法など紹介、アサヒは「時間割」で子どもの学習支援も|食品産業新聞社ニュースWEB

食品産業新聞社ニュースWebは、食品業界に特化した専門ニュースサイトです。酒類・飲料、畜産、米・麦、大豆・油糧、冷凍食品、乳製品、調味料、菓子、外食、給食、流通など、あらゆる分野の最新情報をお届けします。
https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/04/2020-0420-1450-15.html
2020/04/20 15:22

食育ニュースヘッドライン 2020/06/08中日、東海地区の高校野球支援へオークション実施「皆様のご理解とご協力を」 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの...

梅干し食べて元気に 農業団体が学校給食に提供:紀伊民報AGARA

和歌山県みなべ町内の五つの農業団体でつくる「みなべアグリ5」は、地元特産の梅干しの良さを知ってもらおうと、町内の小中学校8校の学校給食に梅干しを提供する。初めての取り組みで、5月中旬から夏休み前にかけ…
https://www.agara.co.jp/article/57644
2020/04/20 14:30

子どもの個性を輝かせる教育系ウェブメディア Bright Choice(ブライトチョイス)がオープン!:時事ドットコム


[株式会社ヴェルム]’じぶん100%’で子どもを一生幸せにしよう株式会社ヴェルムは、多様化する社会で ‘じぶんらしい育児のスタイル’ を提案する教育系ウェブメディア Bright Choice(https://brightchoice.jp/)をオープン。大草直子さん、鈴木六夏さん等が登場する「MODEL FAMILIES」や「NEW EDUCATOR INTERVIEW」を主要コンテンツに、感度の高い30~50代のママたちに向けた、新感覚の子育て情報を発信。子育て環境の変遷と共に今後高まる情報…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000056753&g=prt
2020/04/20 13:45

千葉 稲毛 極楽湯
千葉・日帰り温泉で産直、極楽湯 千葉稲毛 お湯は普通だが野菜は安い。 極楽湯 千葉稲毛に産直発見! お風呂自体は、値段が安くて手頃なので、値段相応という意味では、空いているときは良い。ただ、脱...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県川崎町で提供を開始!:時事ドットコム

[株式会社エムティーアイ]~社会全体で子育て世帯を支える川崎町、アプリの活用でよりサポートが充実~ (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県田川郡川崎町にて本導入され、『母子手帳アプリかわさき』として4月20日(月)より提供を開始します。 福岡県の中央部に位置する川崎町は、昭和30年代に国内有数の炭鉱町として栄え、日本の近代化を進めた歴史あるまちです。また、水墨画家である雪舟が築庭し国指定名勝庭園にも指定された「藤江氏魚楽園」が有名で、四季折々に美しい表情をみせ、秋に…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000686.000002943&g=prt
2020/04/20 12:15

神尾さん(函南)全国野菜ソムリエ銀賞 地場物の魅力、地道に伝え(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS) – Yahoo!ニュース

全国の野菜ソムリエが活動を発表する「第9回野菜ソムリエアワード」の本選がこのほど開かれ、函南町の神尾かほりさん(44)が銀賞に輝いた。 農家に嫁いだものの腰を痛めて農作業ができなくなる中、「ソムリエ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000006-at_s-l22
2020/04/20 08:10

江ノ島の地の物は高かった!小さなサザエ2個のつぼ焼き1300円、デカいサザエにいたっては2500円江の島アイランドスパ|ワンデイスパ3175円のハイソなエノスパが脅威の値下げ!90分1250円はコスパ良し!泉質はただの海水?も、湯船か...

アグネス・チャンが教える、3人の息子に実践した食育のエピソード:朝日新聞GLOBE+


子育ての中で、私が大事にしたのが「食育」です。 子供の幸せを考えるときに、まずは丈夫な体、心(脳)を育てることが基本になります。 健康な体と心がないと、人は幸せになれないからです。(アグネス・チャン)
https://globe.asahi.com/article/13305066
2020/04/20 07:07

ブランド牛「肉まん」で足利PR かがやき大使・薮崎さん、地元食材使い受注販売|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

【足利】都内の料理店でオーナーシェフを務め、「あしかが輝き大使」も担う薮崎友宏(やぶさきともひろ)さん(46)がこのほど、市内の長谷川農場のブランド牛「足利マール牛」など地元食材を使った肉まんの受注販売を始めた。販売開始後、注文が相次ぎ、関係者らは肉まんを通じた「足利のPR」にも期待している。 足利マール牛は地元ワイナリーのブドウの搾りかす(マール)を混ぜた飼料を与え育てた牛。霜降りと赤身のバランスが良く、甘みのある味わいが特徴という。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/303219
2020/04/20 05:09

糖質最前線バランス食特集 | 日本食糧新聞電子版


 新型コロナウイルス感染拡大を受け、免疫力のキーワードで、あらためて人々の健康が問われている。併せて非常事態宣言の発令で、在宅を余儀なくされる人々の間で、運動不足や肥満などの懸念も強まっている。一方、ご飯や砂糖など糖質の摂取を制限する風潮は相変わらずあり、コメや砂糖に対する逆風は続いている。そうした中、日本健康食育協会の柏原ゆきよ代表理事は、管理栄養士として長年、栄養指導を行ってきた経験を生かし、健康的なダイエットを行うために、ご飯を中心とした食事の有用性を強調する。関連業界各社も、自社商品の健康性をエビデンスとともに証明し、普及活動を続けている。本特集では、こうした主張や意見・提言とともに、
https://news.nissyoku.co.jp/special/637418
2020/04/20 00:03