産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/02/12

目の疲れ、ドライアイに。20分で完成する牡蠣グラタン&にんじんサラダ | MYLOHAS


目の疲れ・ドライアイが気になるときに役立つメニューを管理栄養士が教えます。摂りたい栄養素、おすすめの食材、20分で作れる簡単レシピをご紹介。
https://www.mylohas.net/2020/02/207220miho_nakamura07.html
2020/02/12 21:00

食育ニュースヘッドライン 2019/12/19佐賀清光園で収穫祭 職員手伝い餅つき JA佐賀市中央|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 食べ物の大切さや農産物を作る大...

夢かなえヒーローに 佐賀市の思斉中2年、発達障害ある藤井さん 師匠・夏秋さんと共演 /佐賀 – 毎日新聞

 息子の夢をかなえたい――。そんな両親の思いから生まれたヒーローがいる。佐賀市の思斉中2年、藤井陽斗(はると)さん(14)がふんする「太陽戦士ハルレンジャー」だ。生後すぐにくも膜下出血になり一時は「意識を取り戻すか分からない」と言われ、回復後も発達障害が残った陽斗さん。9日には佐賀市であったヒーロー
https://mainichi.jp/articles/20200212/ddl/k41/040/144000c
2020/02/12 16:00

麻尻大豆で豆腐できた 高千穂小生が食育授業(宮崎日日新聞) – Yahoo!ニュース

地域に伝わる在来野菜の魅力を感じ、食への関心を高める授業は5日、高千穂町の高千穂小(柳田光一郎校長、326人)であった。同校の5年生55人が参加。JA高千穂地区女性部員らを講師に迎え、豆腐作りを通し
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00019175-miyazaki-l45
2020/02/12 13:04

舟橋で産直のある日帰り温泉なら船橋・湯楽(ゆら)の里茗荷いいですよね。 ぶっちゃけ船橋までいくと、すでに道端に産直がありそうですが、ここは大々的?展開していたので、ピックアップ。 ...

障害持つ息子、夢の戦隊ヒーローになれた 夜なべで父スーツ作り「強くなったね」 – 毎日新聞

 息子の夢をかなえたい――。そんな両親の思いから生まれたヒーローがいる。佐賀市の思斉中2年、藤井陽斗(はると)さん(14)がふんする「太陽戦士ハルレンジャー」だ。生後すぐにくも膜下出血になり一時は「意識を取り戻すか分からない」と言われ、回復後も発達障害が残った陽斗さん。9日には佐賀市であったヒーロー
https://mainichi.jp/articles/20200212/k00/00m/040/041000c
2020/02/12 11:32

新型コロナウイルス感染症対策を徹底、顧客や従業員の安全確保に取り組み/シダックスグループ|食品産業新聞社ニュースWEB


食品産業新聞社ニュースWebは、食品業界に特化した専門ニュースサイトです。酒類・飲料、畜産、米・麦、大豆・油糧、冷凍食品、乳製品、調味料、菓子、外食、給食、流通など、あらゆる分野の最新情報をお届けします。
https://www.ssnp.co.jp/news/feeding/2020/02/2020-0212-0934-16.html
2020/02/12 10:05

千葉 稲毛 極楽湯
千葉・日帰り温泉で産直、極楽湯 千葉稲毛 お湯は普通だが野菜は安い。 極楽湯 千葉稲毛に産直発見! お風呂自体は、値段が安くて手頃なので、値段相応という意味では、空いているときは良い。ただ、脱...

みすずコーポレーション、「初午いなりの日」で体験イベント 小学生がいなり寿司 | 日本食糧新聞電子版


 2月11日の「初午(はつうま)いなりの日」を控えたプレイベントの一環として、みすずコーポレーションは5日、東京都江東区にある「キッザニア東京」の食育パビリオン「いなりずし屋」で、いなり寿司を作って食べる子ども向けイベントを開催した。  イベントには、小学校6年生の児童6人が「見習いいなり寿司職人」として参加し、先輩のいなり寿司職人の指導の下、それぞれ彩りのある具材を使っていなり寿司を作って楽しんだ。  基本的ないなり寿司の作り方は、味付けいなり揚げの中にシャリ玉を詰め、親指で酢飯を押しながら形を整えて、揚げの口を閉じる。また
https://news.nissyoku.co.jp/news/fujimura20200205101057850
2020/02/12 00:11

APEAM、アボカドキャンペーンで健康・美容効果PR 毎日の食習慣化目指す | 日本食糧新聞電子版


 メキシコ産アボカド生産者・輸出梱包業者協会(APEAM)は、2月初旬から日本全国で、メキシコ産アボカドのキャンペーン展開を開始する。日本市場におけるメキシコ産アボカドは約90%と圧倒的なシェアを誇る。キャンペーンでは、さらに認知度を高めると同時に、「健康と美容に良くおいしい果物」としてのブランドイメージの定着を狙いながら、「エブリディアボカド」をキャッチコピーにアボカドが日本人の毎日の食習慣の一部になることを目指す。  具体的には、公式サイトを全面リニューアルし、メキシコ産アボカド親善大使「アボーゴ☆」のツイッターアカウントを開設するなどオウンド
https://news.nissyoku.co.jp/news/aoyagi20200205103618446
2020/02/12 00:06