産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/02/08

「学校給食、生きた教材」 別府でシンポ、保護者ら参加 /大分 – 毎日新聞


 学校給食調理場の一元化を進める別府市は「学校給食シンポジウム」を開き、保護者ら約120人が参加した。  市の計画では2023年に同市原町の市温泉プール跡地へ新共同調理場を開設する。現在は13小学校と併設の市立幼稚園が単独調理場(自校方式)で給食を提供する一方、7中学校と山間部の東山幼小中学校には市
https://mainichi.jp/articles/20200208/ddl/k44/040/247000c
2020/02/08 16:21

食育ニュースヘッドライン 2020/02/16Bruckの「1200デニールのタイツ」は透け感があるのにポッカポカ!その理由はね… | ROOMIE(ルーミー) 毎日寒い。でもモ...

健康づくり応援店PR 深谷市、登録店にステッカー/HPで紹介 地元産野菜、観光客にアピール /埼玉 – 毎日新聞


 深谷市は今月から、健康に配慮した料理などを提供する店を「健康づくり応援店」として登録し、アピールする取り組みを始めた。市民の健康作りを支援するとともに、深谷産の野菜を使った料理を観光客らにアピールするのが狙いだ。
https://mainichi.jp/articles/20200208/ddl/k11/040/047000c
2020/02/08 12:42

本宮産で健康メニュー 相模女子大生が考案 | 福島民報


 本宮市と地域協働活動連携協定を結んでいる相模女子大(神奈川県)は市民の健康増進と市内の特産品の周知、子どもの食育推進を同時に支援しようと、特産品の白沢とろろ芋や本宮烏骨鶏(うこっけい)の卵を使った健…
https://www.minpo.jp/news/detail/2020020872544
2020/02/08 09:42

舟橋で産直のある日帰り温泉なら船橋・湯楽(ゆら)の里茗荷いいですよね。 ぶっちゃけ船橋までいくと、すでに道端に産直がありそうですが、ここは大々的?展開していたので、ピックアップ。 ...

日本農業新聞 – 食育推進基本計画 学給で地場産活用を ニーズ調整役が課題 農水省


日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。
https://www.agrinews.co.jp/p49963.html
2020/02/08 07:09

神戸新聞NEXT|丹波|丹波の特産小豆で手作りスイーツ 柏原高と武庫川女大付属中高


 兵庫県丹波市の特産食材を使った調理実習会がこのほど、柏原高校(同市柏原町東奥)であった。同校と武庫川女子大学付属中学校・高校が合同で取り組む食育研究の一環。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/202002/0013097815.shtml
2020/02/08 05:30

千葉 稲毛 極楽湯
千葉・日帰り温泉で産直、極楽湯 千葉稲毛 お湯は普通だが野菜は安い。 極楽湯 千葉稲毛に産直発見! お風呂自体は、値段が安くて手頃なので、値段相応という意味では、空いているときは良い。ただ、脱...

学校栄養士ってどんな仕事? 「給食甲子園」優勝の栄養士に話を聞いた! | ガジェット通信 GetNews


学校栄養士ってどんな仕事? 「給食甲子園」優勝の栄養士に話を聞いた!
https://getnews.jp/archives/2392928
2020/02/08 00:15