産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
産直情報

産直ニュースヘッドライン 2020/01/23

デジタルグリッドが電力と環境価値をネット上で売買――脱炭素への後押しになるか? | SUSTAINABLE BRANDS JAPAN


Sustainable Brands Japan(SB-J)は、ビジネスを切り拓くブランド・イノベーターへ向け「サステナブル(持続可能性)」の幅広い推進活動をサポートするとともに、継続的に討議するコミュニティの醸成を目指した情報発信をおこなっています。
https://www.sustainablebrands.jp/article/story/detail/1195645_1534.html
2020/01/23 18:39

ヨコヤマユーランド 緑
横浜 東名 青葉台のお風呂産直といえば、ヨコヤマユーランド 緑 ヨコヤマユーランド 緑に横浜JAの産直コーナーがあります。このエリアまでは入館料かからないず。近くに立ち寄った際には、レトロなお...

天候に左右、農家ため息 野菜安値 茨城県産レタス、影響懸念(茨城新聞クロスアイ) – Yahoo!ニュース


暖冬の影響で野菜価格が平年に比べて大きく値下がりし、農家が対応に苦慮している。産地によっては昨年の台風被害をようやく乗り越えて迎えた冬の収穫だが、またも天候に振り回される事態となり、生産者からは「冬
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000001-ibaraki-l08
2020/01/23 04:00

春の訪れを… タラの芽収穫始まる 西条|NNNニュース


西条市では、春の訪れを感じる山菜、タラの芽の収穫が始まっている。西条市丹原町の玉井久稔さんのハウスではおよそ6センチほどに育ったタラの芽を一つ一つ丁寧に摘み取っていた。食べごろの大きさに育ったタラの芽だが、今…
http://www.news24.jp/nnn/news16403315.html
2020/01/23 14:49

さやの湯
東京で産直のある日帰り温泉なら「板橋 さやの湯」イベントなどで一時的な売り場があっても、恒常的な売り場があるところはなかなかないもの。そこで、産直ある場所をご紹介しています。 今回は...

ぐるっと東日本・食べる・つながる:産直・この逸品 静岡から 魚のおいしさ広める /東京 – 毎日新聞


 1832年創業の老舗水産加工会社「岩清」(静岡県焼津市)は、麺にサバを練り込んだ「焼津 鯖(さば)ラーメン」を販売している。  サバの臭みは完全に取り除かれ、麺にはうまみがあふれる。甘みのある塩スープを絡めると、さっぱりしながらコクが深い「ボンゴレ ビアンコ」を思い起こさせる。県の「ふじのくに新商
https://mainichi.jp/articles/20200123/ddl/k13/100/009000c
2020/01/23 02:01

地場野菜ズラリ 区役所前で朝市、25日 | 保土ケ谷区 | タウンニュース


保土ケ谷区内の農家がとれたて野菜の販売する「まちなか農家さんのほどがや朝市」が1月25日(土)、保土ケ谷区役所前広場で開催される。 この催しは地産地消を推進する市民グループ「ほどがや産直便」(渡邉廣子代表)が、区との共催で2010年から始めたもので、地元でとれた新鮮な野菜を手に入れることができる点や、生産者と直接話ができ…
https://www.townnews.co.jp/0115/2020/01/23/514452.html
2020/01/23 00:00