産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2020/01/15

カンロが創業の地 山口県で「糖」を通じた新たな活動を開始、レノファ山口FCと地方創生に取り組む3つのオリジナル企画を発表!:時事ドットコム


[カンロ株式会社]レノファ山口FC×カンロ 共同記者会見 事後レポートカンロ飴や健康のど飴、ピュレグミなどでおなじみのカンロ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三須 和泰、以下カンロ)は、プロサッカーチーム・レノファ山口FCを運営する株式会社レノファ山口(本社:山口県山口市、代表取締役社長:河村孝、以下 レノファ山口)との活動をより一層強化していくにあたり、2020年1月15日(水)に共同記者会見を行い、新たな取り組みを発表いたしました。カンロは2017年よりレノファ山口FCの「法人サ…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000057.000041274&g=prt
2020/01/15 18:25

千葉 稲毛 極楽湯
千葉・日帰り温泉で産直、極楽湯 千葉稲毛 お湯は普通だが野菜は安い。 極楽湯 千葉稲毛に産直発見! お風呂自体は、値段が安くて手頃なので、値段相応という意味では、空いているときは良い。ただ、脱...

175R SHOGO、セブ島でハッピーライフ「息子にも今井さんにも会ったり関係は良好」 – 趣味女子を応援するメディア「めるも」

色んな芸能・エンターテインメント・ニュース満載♪『めるも』|ロックバンド175R(イナゴライダー)のボーカリストでシンガーソングライターのSHOGOが、ネットニュースで「175R SHOGO 移住先のセブ島で土産物店オ..続きはこちらから!
https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9357103
2020/01/15 16:17

「花を贈る日キャンペーン」~愛妻の日に愛する人へ花を贈ろう~(令和2年1月24日(金)~1月26日(日)):時事ドットコム


[新潟市]新潟市が生産日本一!チューリップでひと足早い春を届けませんか?花の生産者団体や花き卸業者、花店などで組織する「にいがた花推進委員会」と新潟市が、記念日に新潟産の花を贈ってもらおうと主催するキャンペーンの一つで、新潟市が生産日本一を誇り、市の花にも制定されている「チューリップ」の切り花の装飾展示を新潟市食育・花育センターで行います。 新潟市は「チューリップ」の切り花出荷量が全国1位。露地栽培のチューリップは4月が見ごろですが、切り花は今が出荷の最盛期。多種多様な品種が栽培され、全国へ出荷…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000286.000021357&g=prt
2020/01/15 15:45

さやの湯
東京で産直のある日帰り温泉なら「板橋 さやの湯」イベントなどで一時的な売り場があっても、恒常的な売り場があるところはなかなかないもの。そこで、産直ある場所をご紹介しています。 今回は...

ギャラクシーブックス著者、大塚かずみさんが目からウロコの離乳食教室の告知を開始。:時事ドットコム


[galaxy株式会社]食育の知識を使いながら、楽しくのんびり子育てをしたいママを応援しています。ギャラクシーブックス(galaxy株式会社)(所在地:大阪市西区、代表取締役社長:加戸 昌哉)は出版社を運営しつつ、ブランディング支援、オフラインコミュニティーを展開している。著書である「妊娠中から使える! 笑顔が増える「育児の教科書」」をギャラクシーブックスより出版した大塚かずみさん。2020年2月以降の教室の受付を開始しました。2月7日(金)目からウロコの調味料教室子どものごはんによく使う調味料…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000044.000021844&g=prt
2020/01/15 15:45

龍ケ崎市給食献立コン 伊藤さん親子、最優秀賞 祖母の味もとに「茨城風のっぺ汁」 /茨城 – 毎日新聞

 龍ケ崎市の給食献立コンクール「親子でつくる給食献立」の最優秀賞に、市立中根台中学1年、伊藤紅樹(こうき)さん(13)と母真由美さん(46)の「茨城風のっぺ汁」が選ばれた。2月13日に市立中学全6校の給食(約2100食)で一斉に提供される予定だ。
https://mainichi.jp/articles/20200115/ddl/k08/040/151000c
2020/01/15 12:13

さがみ湖温泉うるり
今月の産直温泉「うるり」!源泉風呂と充実の高濃度炭酸泉今月の産直温泉「うるり」! 場所はさがみ湖になります。 とにかく最近オープンしたばかりなので、きれいです。 体験型アウ...

食べ残し給食、持ち帰りダメな理由…集団食中毒の教訓 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

 学校給食の「食品ロス」を削減する取り組みが各地で広がる中、食べ残しの持ち帰りを巡り議論が起きている。食べ残しは年約2万トンに及び、各学校は、肥料にしたり、児童らへの「食育」を充実させたりしているが、多くが持ち帰りは禁じ
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200114-OYT1T50168/
2020/01/15 07:29