産直情報ニュースヘッドライン
agrimarket
食育

食育ニュースヘッドライン 2019/12/05

中小企業のアイデア新商品発表会(2019/12/05(木)) – OBS大分放送ニュース


大分市内にある中小の事業所が開発した新しいアイデア商品やサービスを紹介する発表会が開かれました
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=12050047366&day=20191205
2019/12/05 20:06

さやの湯
東京で産直のある日帰り温泉なら「板橋 さやの湯」イベントなどで一時的な売り場があっても、恒常的な売り場があるところはなかなかないもの。そこで、産直ある場所をご紹介しています。 今回は...

お知らせ!伊藤幸弘塾、新横浜駅近くに横浜校(横浜寮)がオープン!:時事ドットコム


[ReSTA Group株式会社]東京・下北沢の東京本校に続き、神奈川県・新横浜駅近くに横浜校(横浜寮)がオープンしました!新幹線などの鉄道のアクセスも大変便利な場所です。生徒たちは、キレイな寮で自立に向けて元気に過ごしています。伊藤幸弘塾(本社:東京都世田谷区、代表・伊藤幸弘)は、東京・世田谷区下北沢にある不登校・ひきこもり・非行・家庭内暴力に悩む青少年向けの全寮制のフリースクールです。2019年11月4日(月・祝日)新横浜駅近くに横浜校(横浜寮)がオープンしました。【URL】http://w…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000011.000047944&g=prt
2019/12/05 16:25

「本の街」に文字が読めない赤ちゃんが20人やってきた | 「読み物(本・小説)」 | 「特集(本・小説)」 | カドブン


東京・神保町に「ブックハウスカフェ」という児童書専門の本屋がある。絵本や子ども向けの読み物が大小さまざまに約1万2000冊取り揃えられており、ケーキなどの軽食も食べられるカフェスペースやギャラリーがあるほか、店の奥にはイベントスペースも設置されている。神保町は「本の街」とも呼ばれ、新刊書店も古書店も含めると約180軒の本屋が並んでいる。そのなかでも児童書専門の本屋は珍しい。2017年にリニューアルオープンしたばかりの、わりに新しい本屋だ。 この日、約20人の赤ちゃんが親に連れられて「ブックハウスカフェ」のイベントスペースに集まり、寝転がっていた。生後半年ほどの赤ちゃんたちはまだ言葉を喋れず、声をあげては親があやしている。六畳ほどのスペースに赤ちゃんが集まっている光景は壮観だ。 なぜ赤ちゃ…
https://kadobun.jp/feature/readings/bzwsp77vy3w4.html
2019/12/05 12:02

「極楽湯 上尾店」地元野菜の産直コーナー
産直のある温泉「極楽湯 上尾店」地元野菜の産直コーナー 極楽湯 上尾店は、郊外の利点を生かして、品揃え・売り場面積にかなりの力を入れている。 JAのようであるとか。キムチとかまで売っ...

人口1000人!それでも元気いっぱい! 小さな村の大きな挑戦 | 文春オンライン


岡山空港から高速道路を使って車で約90分。米子空港からは約80分。岡山県の西北端。鳥取県との県境にある山あいの小さな村、それが今回ご紹介する岡山県新庄村だ。美しい山と川、そしてきれいな空気。豊かな自然…
https://bunshun.jp/articles/-/15627?ref=special
2019/12/05 11:00

美高うどん、学校給食に 生徒栽培の小麦使用 /北海道 – 毎日新聞


 美幌高校(美幌町)の生徒が栽培した秋まき小麦で作った「美高うどん」が、美幌町内の小中学校で給食として提供された。薄い平麺だが、コシがあるのが特徴といい、子どもたちは特別メニューに大喜びだった。
https://mainichi.jp/articles/20191205/ddl/k01/100/015000c
2019/12/05 10:17

食育ニュースヘッドライン 2020/01/13有名パティスリーのケーキ食べ放題でおしぼりやトレーの間に無残な食べ残し なぜ非常識が行われるのか?(東龍) - 個人 - Yahoo!ニ...

日替わりパティシエのカフェ開業へ 夢への一歩を支援:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)


 パティシエの夢を一度はあきらめた人、開店への一歩を踏み出したい人を応援しようと、津市神戸の山本千穂さん(46)が、日替わりでパティシエとして働けるカフェを企…
https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20191205/CK2019120502000030.html
2019/12/05 05:06

大根引っこ抜き大会にも参加 「狭小地活用で緑を」 ジャカルタ代表 東京・練馬で「世界都市農業サミット」 | じゃかるた新聞


 東京23区最大の農地面積を持つ練馬区が、ジャカルタなど世界5都市の専門家を招き都市型農業のあり方を考える「世界都市農業サミット」が11月29日~12月1日、同区で開かれた。他に招かれた…
https://www.jakartashimbun.com/free/detail/50366.html
2019/12/05 01:01

小机小 市場のプロが出前授業 高知からゆずの生産者も | 港北区 | タウンニュース


横浜市立小机小学校(鈴木康史校長)の5年生95人を対象に、11月18日、横浜市活性化協議会による「いちば食育出前授業」が実施された。同授業は子どもたちに食への関心を持ってもらうため市場で卸売業に携わるプロが野菜や魚の知識や流通の仕組みを教えるもの。港北区内で青果の授業は初開催となった。 授業には、トマトやダイコンなど多く…
https://www.townnews.co.jp/0103/2019/12/05/509103.html
2019/12/05 00:00

中塩 義明さん | 都筑区25周年記念給食を監修したイオスガーデン料理長の | 都筑区 | タウンニュース


食の”感動”次世代に ○…各学校によって設備の異なる調理場、全ての食材に火を通すなどの学校給食特有のルール全部をクリアし完成した記念給食。特別感のある献立は、横浜食材を豊富に使い、家庭でも再現できる調理法や味に仕上げた。牛久保にあるレストラン「イオスガーデン」の料理長を務めるかたわら、子どもへの食育にも取り組んできたが、給…
https://www.townnews.co.jp/0104/2019/12/05/509029.html
2019/12/05 00:00